遠距離恋愛で結婚し、そのまま広島と東京で別居結婚を続けていた2人(Cozy & R21)がつれづれなるままを記してます。現代版通い夫(妻)か!? 08年9月に男児が誕生。最近は育児ブログになりつつあるかも?!


by R14P_R21
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 「歓迎会」と「遠距離コン話」。はて、どのようにリンクさせようか―。お腹のチビが世に出てくる歓迎会は、うまくいってももうしばらく先だしなぁ…。


お!そういえばチビがやってきたことが判明し、Cozyと祝杯を挙げたではないか!まさに「プレ歓迎会」!というこじつけでござる。

 このプレ歓迎会、場所は広島県北部の庄原市西城町にある県民の森にて、今年2月に1泊2日で開催しました。と言いつつも実は、おめでたが分かる前から行く予定だったんですが。

c0152305_12272757.jpg だってねぇ、滅多にないことに「ペア宿泊券」が当たったんですよ、昨年末に。県民の森であったクリスマスパーティーにCozyと2人で行き、ビンゴゲームで1等になったんですわ。

 ちなみにクリスマスパーティーは、アルコール含めて飲み放題食べ放題のバイキング。比婆牛ステーキももちろんたらふく食べられて1人6000円。宿泊&朝食付で1万円。これは間違いなく「買い」!2人で赤ワインを浴びるほど飲み、ステーキを食べまくり、挙げ句にペア宿泊券までゲットしたのでした。

 c0152305_12274692.jpgあ、話を元に戻すと、2月のプレ歓迎会は、さすがにワタシはアルコールはビール・赤ワインともグラス1杯に抑えて、比婆牛ステーキのディナーに舌鼓。でも一緒に乾杯してお祝いしました。そういえば、あれからワイン飲んでないなぁ。翌日は、さすがにスキーは封印。快晴の青空の下、スノーシューで山歩きをしました。c0152305_1228167.jpg

 そういえば、プレ歓迎会を受けて、お腹のチビも存在感を発揮し始めたのでしょうか。この直後から、しっかりつわり生活に突入したのでした。


次は本番歓迎会に向けて!
ぽちっ!とお願いします!
広島ブログ

ブログコラボ御三家はこちらです☆
Shiozyさん
なほさん
柿さん
[PR]
by R14P_R21 | 2008-04-16 12:28
そうです!前回のブログに書いていたとおり、結婚記念日です。
「プロポーズの言葉はなに???」との問い合わせが殺到?したため、そのリクエストにお答えして・・・といきたいところですが、その前に、ど~しても語らねばならぬ出来事が!!

そう!昨日のケンホク花見オフカイin高宮でございます!!

場所はねぎさん宅。
天気は小雨が降っていましたが、桜はちょうど満開!
県南が既に散りつつあるのに、それはそれは美しい時でした☆

が、、、参加したCozyとR21。
現地では桜をほとんど見ることもなく、ねぎさん宅に上がりこみ、
みなさん持ち寄りのごちそうに舌鼓を打たせていただきました♪(うちは三次の尾関山公園であったさくら祭でゲットしたイノシシ串&イノシシコロッケを持参。あ、、、ごめんなさい、手作りじゃなくて)

開始より遅れて到着した2人。
大丈夫かなぁ…とちょびっと気にしていたのもぜ~んぜん杞憂。くんちゃんさんはなまるさんつゆまめさん親子れいちゃんさん親子柿さん家族、yoshijiiさん(http://blog.goo.ne.jp/yoshimatsu-001)、くらりんさん親子花かんざしさんひまちゃんさんtruckfarmさんテンペさんたちに、温かく迎えていただきました☆☆☆

既に2人の素性もばれているせいか?そして、参加しておられた方のブログをちょこちょこ見に行かせていただいていたせいか、さらには初対面なのに、、、すぅ~っとなじんでいけました。ブログのオフカイってとぉ~ってもあったかい気持ちになれるし、不思議ですよね。似た空気の人たちが集まるのでしょうか???

大人たちはテーブルを囲んでわいわいと。子どもたちは家の中を走り回ってわいわいと。20人ほどが、親戚一同の会食のごとく楽しい時間を過ごしました。親戚の会合と違うのは、上下関係やら心中に秘めた複雑なものがないこと。もちろん地元のねぎさんやくんちゃんさんはじめ、皆さんのご配慮があるからこそ、なんだと思います。

お腹のチビも、みなさんに祝福していただき、きっと喜んでいたに違いありません。
Cozyは、はなまるさんにいろいろアドバイスしていただいたようで「が~ん」と来たそうです(詳細は聞いてないのですが、はてさてCozyに語ってもらえますか…?)

Cozyの飛行機の便の関係で、早めに引き上げさせていただいたのですが、空港までの道順も、教えていただいたとおりに行ったので迷うことなく、1時間10分ほどでたどり着けました!

チビが生まれる前に、また集まりたいね~!と言って別れました☆
今から楽しみで~す!!

そしてねぎさんパパさんにおみやげにいただいたシカ&シシの肉!
Cozyが次に戻ってくるまで血抜きして、冷凍しておきます。
ん?シカの血抜きって、シシと同じやり方でいいのかしら??
シカのたたき、、、おぉ~楽しみですわい♪


オフカイまたやろう!との心意気にぽち!っとお願いします!!
広島ブログ
[PR]
by R14P_R21 | 2008-04-14 16:31
広島ブログのコラボに初参加させていただきます。
コラボのお題は「出会い」とか。
となれば、この「遠距離コン話」では、2人の出会いを紹介せねばなるまいて。
どうやって紹介しよう…。
と考えた末に思いついたのが、6年前の4月14日、結婚式の時にワタシの会社の同期が作ってくれた「結婚新聞」の記事。これを読んでいただければ、2人の出会いもとてもよく分かる…かな?
というわけで、ご覧ください☆(固有名詞など一部省略してます)


信州の雪原で生まれ、かの地の春のような勢いで花開いた恋だった。白馬村のスキー場での出会いから、共通の恩師の死を乗り越え、パートナーとして共に一歩を踏み出すに至ったCozyとR21。いつになく早い今年の桜が、待ちきれないように2人を祝福した。

結婚式を間近に控えた慌しい日々。2人が立ち寄った広島の平和公園は、桜が満開を迎えていた。白馬で最初に出会ってから4年。春が巡るたび、一緒に出掛ける先々で、幾度か桜を見上げた。今年はことのほか美しい。

スキー場での顔見知り程度だった2人を深く結びつけたのは、しかし、真冬の凍えるようなニュースだった。

2000年2月。2人が白馬で共にスキーを習った恩師が、ゲレンデで指導中に急死したのだった。享年58歳。当時、徳山支局にいたR21は、こんな文を書く。
  ◇
彼が40年にわたって研究し、貫いたスタイルは、かつては大勢と一線を画していた。そのためにスキー場から締め出されたこともある。しかし、大自然とともに、完成度の高いスキーを頑固なまでに追究する姿勢は、口づてに支持を広げ、毎冬100人以上が彼のもとに集まった。
自身に誇りを持ち、「プロ」に徹した技術力と精神力。人として、彼の生き方に多くを学んだ…。
  ◇
この文章に友人を通じて触れ、落涙した男がいた。いうまでもない、Cozyである。当時、つくば市にある研究所に勤めていた。やもたてもたまらずR21にメールを送った。
  ◇
心が震えました。ありがとう。短い期間だったと思うのですが、よく、先生のこと、スキー仲間が集う先生宅のことをつかんでおられたのだなと、感心してしまいました。人と人とのかかわりに、時間は関係ないんですね…。
  ◇
悲しみを分かち合う、短い言葉のやり取り。しかし、それは確かな余韻を伴っていた。2人の間に芽生えた信頼のきずな、遠い春の足音-。

その年の5月、2人は白馬を目指し、Cozyの車で夜通し走る。山の上ではまだスキーができる時期なのだ。あるじを失ってからも遺族やスキー仲間が維持している恩師宅に向かう。山すそに位置するその家の周辺には、菜の花が揺れ、桜がほころび、桃が咲き乱れていた。

夕方、2人はスキー仲間と共に、恩師をしのびながら食卓を囲んだ。2人の間には、以前とははっきり違う、温かい空気が流れ始めていた。

「白馬って、冬の後に、春がいっぺんに来るんだな」。そんなことを思いながら、ワインを飲み交わした。Cozyはグラスで、R21はどんぶりで。

後はもう、春が夏になるように、すべてを自然の流れに任せるだけでよかった。8月にはCozyが大阪に転勤し、物理的な距離も縮まった。スキーを愛する2人には、冬さえ待ち遠しかった。

プロポーズは2000年の晩秋。~~~以下、省略。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
久しぶりに読むと、初心に戻る、というか、運命の出会いに感謝しますね。
この気持ちのままで一緒に親になっていけたらいいな、と思いました。

ブログコラボの御三家の方々は
柿さん
Shiozyさん
なほさん
です!


プロポーズの言葉も書けよぉ~って?!
まずは、ぽちっとお願いします☆
広島ブログ
[PR]
by R14P_R21 | 2008-04-09 21:34
1カ月に1回の妊婦健診。
お腹の上から超音波でチビの様子を見ることができる。
昨日の健診は、ちょうど5カ月目に入ったあたり。
先生が、チビの体の部位を説明してくださる。

おぉ~!脳が透けて見えて右脳と左脳もよく分かるし、
心臓が動いているのもリアル。胃袋まで見えてしまう。
二の腕から指先まで骨もくっきり。理科の授業を受けてるみたい。
頭からお尻までの体長わずか10センチほどなのに、
ちゃんと人間の形をしていて、しかもそれが動いている。不思議だ。

いただいた超音波の写真を、携帯で接写して、Cozyに送った。
Cozyは、とてもうらやましそうだ。
電話で、先生に言われたように説明した。
「診察室に一緒に入って、超音波見せてもらえるんかなぁ」とCozy。
それは大丈夫だと思う、多分。ただし、健診日とCozyの休みが合うなら、という条件付きだ。

Cozyの休みは水曜日と日曜日。病院は月曜日~土曜日が診察日。
となると、日帰りにはなってしまうけど、水曜日に健診してもらうのがいいかな。
が、、、せっかくCozyが戻ってきてくれても
ワタシは健診のために半日は休めても、丸一日というのはなかなか難しい。
これまで、つわりで休みがちで職場に迷惑をかけているから、なおさら。
職場であてにされてない、という現実も目の前にあったりする。
特別有休で取る権利があるんだから、といくら言われても、そんな開き直れない。
加えて、Cozyが水曜日が休みになるのは、その週に祝日がない時だけ。
祝日があったら、水曜日は出勤だ。
でもって今月末から来月初めにかけては、ゴールデンウイークだから祝日だらけ。

結局、6週間ちかく空く5月10日の土曜日に2人ともが休みを取るか、3週間ちょっとしか間がない4月23日の水曜日か、、、という選択肢しかなくなってしまった。
なかなかスケジュール調整って難しい。
しかも、あくまでも「健診」なんだからね。4週間という原則からどれほど離れられるのか…???先生に相談だ!


こうなりゃテレビ電話で実況中継じゃ!
賛成の方、ぽちっとお願いします。
広島ブログ

余談ですが、病院に人間ドックの結果報告書を持っていきました。
血液型を示すのに持参したのですが、結果、ワタシの通常の体調も細かく分かってくださり、それに合わせた検査もできることになりました。
[PR]
by R14P_R21 | 2008-04-01 23:55