人気ブログランキング |

遠距離恋愛で結婚し、そのまま広島と東京で別居結婚を続けていた2人(Cozy & R21)がつれづれなるままを記してます。現代版通い夫(妻)か!? 08年9月に男児が誕生。最近は育児ブログになりつつあるかも?!


by R14P_R21
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

温度差〜Cozy

寒さに弱くなったといわれましてもね〜(^_^;

そりゃ〜そうだろぉ〜、大阪、東京、大阪、東京と暮らしてたら、と
私は思うわけですよ。

そりゃ〜R21と知り合った頃は、12月の終わりから5月のGWまで、
ほぼ毎週末白馬に通ってましたから、寒さにからだも慣れるし、服装も大体
どんな格好でいりゃ〜いいか、分かってくるもんです。

ところが、いまはつらいですよ。東京と三次の二重生活のようなもんだから。
そして、東京と三次の気温差があるってことはわかってても、肌感覚の基準は
東京ですからね。

本当かどうかわかりませんが、北海道から東京に引っ越してきた人は、最初の
冬はTシャツ1枚で暮らせると聞いたことがあります。
そういう話がある以上は、2年目からはそうもいかないんでしょうね。

でも、一応弁解しときますと、いま私が暮らしてる部屋の暖房はエアコンしか
ありませんが、この冬使ったのは、まだ数回です。
それをこの前、会社の同僚に話すと、「絶対、部屋に遊びにいかない」と
いわれてしまいました。彼は4人の子持ちで、この時期じぶんちでは、部屋を
暖かくしてパジャマで姿で、昼間っから焼酎をちびりちびりやるのが理想
なんだそうです。それを男のロマンだ〜みたいにいわれると、意見する余地も
なかったです。

さて話は戻りますが、去年の12月だったか、会社が終わって直接羽田空港に
向かい、広島行きの便に乗りました。
そして、R21は広島空港に私を迎えにきてくれたのですが、私の格好を
見るなりすぐ

「そりゃ〜、寒いわ。三次の寒さを、なめなさんなよ」といってくれました。
(別の台詞だったけど、「男前だわ〜」と感心した人がいました。ほんと)

でも、その時の俺にしたら
「あ〜〜〜、やっぱり。 でも、そりゃ〜、俺だってわかってるよ」感じです。

東京と三次じゃ、気温が違うのわかってるから、朝部屋を出る時、どんな格好
にしたらいいか悩んだんですよ、一応。

でも、分かんないんですよね〜。どこまで、どんな格好をしたらいいか。
なんせ、皮膚感覚、東京ですから。(^_^;

それに、三次で十分な格好で通勤すると、電車の中で間違いなく汗かくし、
それがいやで「よし、これで耐えよう」と思って東京仕様で帰ったら、
R21の一言でした。

「そりゃ〜、俺だって分かってるよ」と、おもわず心の中でつぶやきました。
かといって、三次用の衣類を持って帰ると荷物もかさばるし、三次にそうい
う服を置いとくにしても、東京でも寒いときは着るわけだから、ほんと悩ま
しいわけです。

で、最近私の出した結論は、土曜日、東京で仕事に出る時から、日曜日の夜
三次から夜行バスに乗って月曜日の朝、そのまま会社に出るまで、
出来るだけ共用できるアイテムを選ぶってこと。
そして、(私は荷物が増えがちなんですが、なるべく増やさないようにして)
荷物が増えても、出来るだけスマートに持ち運びするってこと。

でも、これが難しいんですよ〜ね。 なかなか、そういうものがないから。
で、私がバッグに悩んでる間に、R21はさっさと、そのバッグ買っちゃうし
俺が「コートがあったよ〜」と報告すると、「よかったね〜、こだわりの
コートが見つかって〜」てな具合です。

R21は判断が早いだけで、無駄買いはしないです。着回しも、使い回しも
断然私より上手いです。
私なんか、ピンポイントでしか使えないようなものばっかり買ってきたから、
つくばから大阪に引越する時なんか、マンションのゴミ置き場からあふれる
くらいものを捨ててきました。

それに懲りて、R21に出会って、R21の良いところを学ぼうと思ってるわけ
ですが、まあ一朝一夕にはいかないですわ。

で、悩んで悩んでいると、R21からズバッとやられるわけです。

でも、これがほんとにつらい。「おれも、わかってるって〜」

↓↓ハハ、つらいね〜と思ったら↓↓

Commented by クロス at 2008-02-05 11:32 x
これを読んで思い出したのが、私が以前いた大学の偉い先生。朝、同じバスで通勤してましたが、30度を超える夏の日であろうが、ー20度の冬であろうが、いつも同じ格好でバスに乗ってきます。下に来ている物は少しは変わっていたのでしょうが、いつもノースフェースのゴアテックスジャケットでした。でも、その先生、ノーベル賞をもらわれました。そして、ある12月の朝,同じジャケットをはおって、でかいスーツケースを持ってバスに乗り込んで来られました。どうやら、市営バスで空港まで行かれる様子でした。きっと、同じ格好で,ノーベル賞授賞式に行かれたのだと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by R14P_R21 | 2008-02-03 14:13 | Comments(1)